会社を辞めるという場合、さまざまなことを考えられるかと思います。
不安や先々について考えていくにしても、収支というものについては必要不可欠といっても過言ではないくらいに重要なことかと思います。

そこで、収支や金銭的な部分についていくつか考えていきましょう。

失業保険について

会社を辞めたという場合、「失業保険」とよばれる雇用保険制度を踏まえている方も多いのではないでしょうか。
こうした制度は辞めてからの生活の支えともなりますが、会社を辞めた理由・年齢・雇用保険の加入機関などによってもらえる金額やもらい始める時期・期間というものに差があるのです。

そうした下調べもあらかじめしておくようにしましょう。

辞める理由について

会社を辞めるという場合、自己都合と会社都合では違ってきます。
会社都合で辞めるほうが当然ながら手当てをもらい始める時期・期間は有利になります。
さらには、退職前の半年に残業をあるていどこなしていたというケースにおいては、基本的手当てが上限つきながらも多く受けられる見込みもあるのです。

雇用保険に入っているかどうか

会社勤めをしていれば雇用保険には加入しているはずという観念があるでしょう。
基本的にそれが法律として定められているものの、現状では加入していないという会社も存在していたのです。

ですから、給与明細でしっかりと天引きされていたかなどという事を改めて確認してみましょう。
もし、不安が出てきたりという事があれば会社の担当者もしくはハローワークなどに確認をすると良いでしょう。

福利厚生の一環として団体保険に加入していたという場合、会社を辞めて一定期間内であれば無審査で個人契約に切り替えが可能などということもあります。
必要に応じて手続きをすすめていきましょう。
その際の注意点ですが、団体から個人になることで保険料に差がでてくることもあるかと思います。
個人のほうが少し高めに設定されている場合が多いので確認と納得をしておきましょう。

考えておきたい保険と金銭面

今回は、一般的に抑えておいたほうがベターなものをいくつか掲げていきました。
金銭面を安定させることが不安を取り除く要素ともなりますので考えておくようにしましょう。
また、事前にプランを練っておきましょう。